漢方で改善PMS【毎月の嫌な症状に効果的だから安心】

女性

生理前の不調の対応策とは

女性

生理前にさまざまな不快症状が現れることはあり、その不快症状をPMSと呼んでいます。PMSの原因は、ホルモンバランスの変化だと言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。そういった症状の対応策として、産婦人科で漢方薬を処方してもらうことも有効な方法のひとつです。

Read More...

月経前症候群の改善

女性

PMSは月経の数日前から感じる心身の不調のことです。月経前に不調を感じる人は多くいますが、PMSを知らずに悩んでいる人は多いです。症状緩和に効果的なものが漢方で、それぞれの状態によって服用する漢方が異なります。根本治療をする事が出来るので、長年悩んでいる人も試してみる価値があります。

Read More...

生理前の辛い時には

漢方

PMSに効果的なもののひとつに、「漢方」があります。それぞれ体質に合わせて、場合によっては、いくつかの漢方を組み合わせて飲みます。ちなみに、飲み方はそれぞれ異なりますので、予め確認が必要です。また、飲み続けることも大切です。

Read More...

女性の不調の治療

漢方

漢方薬は副作用が概して少ないことから、PMSの治療でも人気の薬です。自分のペースで服用が出来る点も一つの魅力となっています。PMSの原因とされている貧血や気滞の症状を、漢方薬では改善していくことが可能です。

Read More...

東洋医学で生理前を快適に

漢方

水分や血液の状態から改善

女性ホルモンの分泌量の変化により、生理前にさまざまな症状の現れるのがPMSという病気です。それらの症状は、生理が始まるととたんに消えたり、ほとんどなくなったりするのが特徴です。PMSになると頭痛やめまい・貧血・肩こりその他の症状が現れます。嘔吐や腹痛・便秘のような消化器系の症状の出る人もいます。PMSは個人差の激しい病気であり、まったく症状の現れない人もいれば、仕事や学業にも差し障るほど重い症状に見舞われる人もいます。PMSになった場合、婦人科を受診すればホルモン補充療法という治療を受けることができます。しかし人によってはこの方法が使えなかったり、効果があまり感じられなかったりします。そのようなときには、漢方による治療が功を奏す場合があります。漢方では病気の原因を体内の水分や血液の状態にあると考えるため、PMSに対しても西洋医学とはまったく性質の異なるアプローチがなされます。そのため、西洋医学による治療では効果がみられなかった患者でも、漢方療法によって症状が改善する場合があるのです。PMSでは、不安や憂うつのような、自律神経失調症に似た精神的な症状も多くみられます。漢方は自律神経のバランスを取り戻すように働きかけるので、そうした意味でもPMSに対して非常に有効なものといえます。

さまざまな生薬の効能

PMSの症状を改善するのに有効な漢方薬として特によく知られているのは、桃の種の中にある仁を原料とする漢方薬です。この漢方薬には、ほかに甘草や桂皮などの生薬も用いられています。桃の仁には血行を促進する作用があるので、冷え性を起こしやすい上にその冷えによってさらに症状を悪化させやすいPMS患者の体の状態を改善します。この漢方薬はPMSの症状の中でも、特に肩こりや便秘、そして多くの女性が悩むのぼせに対して効果があるとされています。この薬にも入っている桂枝とはシナモンのことですが、この桂枝を主成分とする別の漢方薬もPMS治療によく使われています。その漢方薬には、サルノコシカケ科のキノコを原料とする生薬が含まれています。これは余分な水分を体外に排出するので冷えの改善に効果があり、さらに鎮静薬としての作用もあるので精神不安などにも有効です。この漢方薬は肩こりやのぼせにも効果があります。ほかに、セリ科の当帰という植物の根からつくられた漢方薬も、PMSの治療に利用されています。この当帰を含む漢方薬はPMSをはじめとする多くの婦人科系の病気に効くとされており、欧米の女性にも愛用者の多い薬です。当帰には体が十分な血液を作れるようにする働きがあるので、生理によって定期的に血液を失う女性にとって非常に役立つ漢方薬であるといえます。