漢方で改善PMS【毎月の嫌な症状に効果的だから安心】

女性

月経前症候群の改善

女性

症状と人気の薬

PMSとは月経前症候群の略称です。月経の3〜10日前から起こる心身の不調で月経が始まると症状が弱まり、消えていきます。現在では、多くの女性が何かしらのPMSの症状を抱えていると言われています。これらPMSの症状には200種類以上もあると言われ、特に多い症状が、イライラして怒りっぽくなることや肌荒れ、下腹部のハリや痛み、頭痛などです。人によって症状が違い、またその月によっても症状の現れ方に違いがあります。現在、このPMS治療に漢方薬を服用する人が増えています。漢方が人気の理由はいくつかありますが、一番の人気の理由は副作用の心配がなく根本から治療する事ができるということです。また、痛み止めのように誰でも同じものではなく、その人の体質に合わせて処方される漢方薬も変わってきます。体質に合ったものを飲むからこそ効果に大きな期待ができます。また、痛みや肩こりと言った身体の症状だけでなく心の不安やイライラも緩和してくれる漢方薬があります。PMSでは身体の症状で悩む人ももちろん多いですが、精神的なイライラで家族や恋人ともギクシャクしてしまい、とても悩む人も多いです。痛み止めの薬はあってもイライラを解消してくれる薬はなかなかありません。このようなことからも漢方薬の人気が出ています。

メリットと気をつける事

漢方薬のメリットと言えば、先ほども述べたように根本治療ができるということです。その分服用は長めになりますが、副作用も少なく根本から治療することによって、同じ症状を発生させにくくすることができます。効き目をしっかり得るためにも、漢方を選ぶときは自分で選ばずに専門科に選んでもらうことが大切です。また漢方薬での治療はPMSの症状が中程度から重度の場合が多いです。軽度の場合はサプリメントやアロマテラピーも効果があります。PMSは心身ともにリラックスすることがとても大切です。また、気をつける点としては、PMSのような症状がありながら、別の病気が潜んでいる場合があります。まずは症状が月経の周期に伴うのかチエックしてみることが大切です。そうでなければ一度検査を受けたほうがよいです。また、月経周期と伴って症状が出ていてもPMSではない場合があります。1つは月経困難症と言って、寝込んでしまうほどの月経中のお腹の痛みや下痢や吐き気などの不調を感じるものです。婦人科系の他の病気がある場合もあるので、婦人科などで受診したほうがよいです。また、PMDDという、PMSより心の症状が思い症状があります。こちらも治療法が異なるので、一度婦人科や心療内科などを受診しましょう。