漢方で改善PMS【毎月の嫌な症状に効果的だから安心】

女性

生理前の不調の対応策とは

女性

生理前の不快症状の原因

生理が始まる1週間くらい前からさまざまな不調をPMSと呼んでいます。PMSは身体的な不調、精神的な不調のどちらもあります。身体的な不調の代表的な例としては、頭が痛いなどさまざまがあり精神的な不調の代表的な例としては理由もないのにイライラやその他となっているのです。この事からわかりますように多くの原因がこのPMSに該当するのです。これらの症状はPMSによる症状の一部であり、この他であっても生理周期にそって不調が現れるのであれば、PMSと言えるでしょう。PMSの症状には大きな個人差があり、2001種類以上あると言われています。こういった症状が起きるはっきりとした原因は解明されていませんが、ホルモンのバランスが変わることが原因だと言われています。排卵を終えると卵胞ホルモンに変わって黄体ホルモンの分泌が増えます。このホルモンバランスの変化のためにさまざまな症状が引き起こされるのではないかと考えられています。

対応方法とは

PMSの改善には、食生活の見直しや、適度な運動を行うことによってライフスタイルを改善すること、できるだけストレスのない生活を送ることが良いとされています。その中で漢方薬をうまく活用することも方法のひとつです。漢方薬は西洋の医薬品と比較して副作用が少なく、女性に優しい薬と言われています。漢方薬には即効性はありませんが、ゆっくりと体全体のバランスを整えることによって、さまざまなPMSを解消していきます。また、漢方薬の古典にもPMSを思わせる生理前の不快な症状に関する記述があり、昔からそういった症状に対応してきたことが伺えます。市販されている漢方薬を使用してみることもいいですが、まずは産婦人科を受診して専門医にPMSの症状や自身の体質をしっかり聞いてもらった上で、最適の漢方薬を処方してもらうことがおすすめです。漢方薬の副作用は少ないと言われていますが、副作用がないわけではありません。また、体質に合わない漢方薬を服用しても効果が現れないことも考えられます。まずは病院で自分にあったものを処方してもらい、市販の漢方薬は処方された漢方薬の補助として市販のものを活用する、というスタンスで服用しましょう。 そうする事でPMSの解決へと結びつくことでしょう。 そのため、一度自分がどういった状態かあるいはこれまでの解決策をしっかり把握しておく必要があると言えるでしょう。 この取り組みにより問題のない日常を送っていけるため大事な事となっているのです。