漢方で改善PMS【毎月の嫌な症状に効果的だから安心】

女性

女性の不調の治療

漢方

副作用が少なくて済みます

生理前には、時に腹痛や頭痛を始めとする様々な不調が見られることがあります。こういった不調は通常PMSと呼ばれており、昨今では特に広く知られ始めている症状です。PMSには少なからず精神的な症状が伴うことから、心療内科や精神科クリニックでも一部治療の対象としています。症状を軽減する薬が処方されることも多く、医療機関での専門治療が注目されている状況です。PMSの治療で用いられている薬は、実際様々です。ホルモンバランスを整える低用量ピルなども頻繁に使われる薬と言えます。一方、漢方薬も最近は広く使用されるようになっており、副作用が少ないと薬として人気です。低用量ピルの場合には、服用するに当たって幾つかの注意点があります。場合によっては不正出貧血などが見られることもあり、一定の副作用があるのが本当の所です。年齢や普段の生活習慣によっては血栓が出来やすくなることがあるため、服用中は健康状態に常に気をつけることが求められます。漢方薬の場合には、この手の副作用の心配が少ないのが大きな特徴です。体への作用も概して穏やかであり、根本的な体質改善が期待出来ます。ある程度マイペースに服用出来る点も、漢方薬の一つのメリットです。

血や気の巡りを良くします

東洋医学では、貧血の滞りがPMSで生じる様々な痛みを引き起こしていると考えます。このような状態は貧血と呼ばれており、特に女性に起こりやすい不調の一つです。体のあらゆる部分の血流が滞ってしまうことで、痛みや凝りが生じてくると考えられています。改善のためには、適切な漢方薬を用いて貧血の流れを良くすることが必要です。実際漢方薬の中には、この手の貧血を改善する薬がいくつもあります。心療内科などでは、特にこういった貧血に効果のある漢方薬をPMSに処方するのが一般的です。貧血以外では、例えば気の巡りの滞りがPMSの原因として多いものです。このような症状は気滞と呼ばれ、気を流す漢方薬が適用になります。漢方治療に詳しい心療内科医や精神科医の場合には、気滞を改善する漢方薬にも精通していることが多いです。従って、PMSで起こるイライラやうつにアプローチ出来る漢方薬の処方が受けられるのが、大きな魅力です。漢方外来などを設ける心療内科や精神科であれば、処方薬の種類も多く、より体質に合った漢方薬を使用することが出来ます。ですので、受診を考える場合には、診療内容や医師の専門分野などを予め調べておくのが一つの方法です。